RECRUIT社員インタビュー

いろんな商材を扱った
ソリューション提案で
課題を解決

セールス/営業

江河 正人/ EGAWA MASATO

営業部

国文学部卒
ホテルフロント職、法人向けWebアプリケーションの営業職を経て、2014年5月ファーストサーバに中途入社。現在、営業部所属。主にパートナー企業の新規開拓を担当。

入社の決め手は「面接での印象」

インタビュー風景01

前職ではどのような仕事をされていたのですか?
ファーストサーバに入社したきっかけも教えてください。

前職ではWebアプリケーションの営業を担当していましたが、会社規模的にユーザーサポート、システム導入、要件定義、販促企画、Webサイト更新など色々手がけていました。以前、システム導入時にサーバーを触る機会があり、サーバーそのものの営業に興味がわきました。

入社の決め手は「面接での印象」です。一次面接、役員面接ともに、会話のかみ合いがとてもよく、すっきりしたやりとりが出来ました。心の中で変に引っかかったりすることもなく、こちらの意図がきちんと理解してもらえ、逆に面接担当の方もわかりやすく話していただけました。自分を表現しやすかったので、入社してもズレがないだろうという実感がありました。

リリース直後は苦戦からのスタート

今まで取り組んだ仕事の中で、印象に残っている案件は何ですか?

特に印象に残っている仕事は、やはり「 Zenlogicexternal link 」です。小さなリリースは過去にも経験がありますが、全社を挙げての大規模なリリースは初めてでした。
ただ、準備段階に営業としてきちんと詰められていない部分があったり、リリース直後は「Zenlogic」やパートナー制度の存在がほとんど認知されていないなど、かなりの苦戦を強いられました。

今は、サービスを知っていただくための活動に注力していますが、メールやDMを送って終わりというのではなく、電話や訪問、イベント等、声を直接お聞きする機会を大切にしています。
厳しいご意見をいただくこともありますが、どんな接点でも結果的に受注に繋がっていけば良いなと考えています。

「カチッ」と嵌る瞬間が営業の面白さ

営業の面白いところを教えてください。

ファーストサーバでは、インフラだけでなくグループウェアも扱っているし、グループ会社の商材も取り扱えます。いろいろまとめてソリューション提案的なこともできる。
特にルーチンが決まっているわけではないので、相手の求めるもの、解決したいものなどを自分たちでいろいろ考えて提案できます。

自分が営業職に向いていると思ったことはありませんが、営業の「面白さ」には惹かれています。
営業活動をしていると、なかなか思うように進まない時もありますが、ある時「カチッ」と嵌るような瞬間があります。そうなると、後は流れに任せてもスムーズに事が運びますし、その案件はほぼ実を結びます。
嵌るまでが大変ですが、そういう感覚が営業の面白さですね。

社内風景

堅苦しくない、距離感の近い雰囲気

仕事のやりやすさや、社内の雰囲気はどうですか?

業務フローが非常にきちんと整備されていて、たまに「え!ここまでやるんですか!?」と思うくらいです。しかし、社内の雰囲気は社員同士「さん付け」で呼び合うなど堅苦しい感じはなく、村竹さん(弊社社長)とは業務で接する機会は少ないですが、社内の同じフットサルサークルに所属しているので距離感は非常に近いです。

部門間の垣根を感じることはなく、自分たちの力ではどうにもならない事でも、様々な部門が協力してくれるので、仕事で出来る事の幅がとても拡がります。また、「やりたいです!」と決めた事を全力で支持してくれる熱い上司の存在も非常にありがたいです。

サービスの成長に営業として関わっていきたい

インタビュー風景02

今後の目標などあれば教えてください。

魅力的なサービスを売るということに憧れがあります。 今年リリースした「Zenlogic」は成長過程にあるサービスです。その成長に営業として関わっていきたい。
我々営業担当が直接聞くパートナー企業やお客様の声、そこにシステム部門、マーケティング部門、サポート部門からのデータや改善策が加わることで、更に新しい価値を提供できる革新的なサービスに育つのではないかと考えています。そのためには、まずお客様にサービスを知ってもらい、使ってもらわなければなりません。

ほぼ同じ時期に入社した2人の同僚と共に、ファーストサーバを評価し、頼りにしていただけるお客様が増えるよう、営業活動に取り組んでいきたいです。

ありがとうございました!今後の活躍も期待しています。